のメニューをご利用になるには、会員登録が必要です。
付帯工

(1) 景観に配慮した車両用防護柵TMS型ガードパイプ

(2) グレーチング

(3) 地盤改良工法(深層混合処理工法)

(4) 地盤改良工法(表層安定処理工法)

(5) 排水管

 (1) 景観に配慮した車両用防護柵TMS型ガードパイプ

 「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」(監修:国土交通省道路局地方道・環境課)に準拠した車両用防護柵。
国土交通省「景観に配慮した防護柵の設置」
NETIS登録技術 TH-010015(新車両用防護柵)


特徴
1. 景観・デザイン⇒風景が映えるすっきりとしたデザイン
 TMS型ガードパイプは、路外側から見た形状や上段ビームのラインがすっきりとしたデザインであることが特徴です。
 透過性が高く、背後の風景を引き立てて、良好な道路景観を創出します。
2. 安全性⇒実車衝突実験で証明された安全性
 TMS型ガードパイプの強度、車両誘導等の安全性については、実車衝突実験等において実証されています。
 丸みを付けたボルトを採用し、歩行者の安全性にも十分配慮した人に優しい防護柵です。
3. 施工性⇒施工が容易な構造
 施工性に関する工夫を重ね、六角レンチとスパナのみで組み立て可能な構造としました。
 道路の縦断勾配に対しては、あらゆる道路勾配に対応可能となっています。
4. 積雪対応・除雪⇒排雪性に優れたパイプ型デザイン
 ガードパイプ型のため道路の横断方向への排雪性に優れ、積雪地帯でも除雪の妨げとなりません。
 上段ビームに直径76.3mmの太いパイプを採用し、積雪深3.0mまで対応できる構造としています。
 資料提供先 神鋼建材工業株式会社

ページTOPへ▲

 

 (2) グレーチング −アマグレフィット、アマグレピット、アマグレフィックス

グレーチングの跳ね上がり防止策の決定版。
アマグレフィット、アマグレピット、アマグレフィックスは、安全・性能・構造・コスト面に優れた製品です。
NETIS登録技術 QS-030011(アマグレフィット、アマグレピット)

アマグレフィット施工例
資料提供先 神鋼建材工業株式会社

ページTOPへ▲

 

 (3) 地盤改良工法(深層混合処理工法)

 深層混合処理工法(機械攪拌)は、機械攪拌翼により土と改良材とを強制混合して、改良材の水和・固化作用により、杭状の改良体を造成するものである。改良材の供給方式により、スラリー式(CDM工法等)と粉体式(DJM工法)がある。

CDM工法 スラリー系工法  

 軟弱地盤で最大45mまで固化処理する事が可能です。改良材は無公害、環境に◎


(適用地盤)

 粘性土(粘性土) 標準N≦4,最大N=8、(砂質土) 標準N≦6,最大N=15

(概算直接工事費)
 打設長L=10m 改良長L=3m〜8m の場合: 約 8,000〜19,000 (円/m)

ページTOPへ▲

DJM工法 粉体型機械撹拌工法  

 軟弱地盤で最大33mまで改良可能です。水は不要です。改良材は無公害、環境に◎


(適用地盤)
粘性土 標準N≦6,
    最大N=9
砂質土 標準N≦20
    最大N=32

(概算直接工事費)
打設長L=10m
改良長L=3m〜8m の場合
約 8,000〜19,000 (円/m)

ページTOPへ▲

CDM−LODIC工法 深層混合処理工法:変位低減型機械撹拌工法  

 軟弱地盤で最大45mまで改良可能です。
 周辺地盤への影響を低減出来ます。


(工法概要)
 機械攪拌翼で土と改良材とを強制混合し、改良材の水和・固化作用により、杭状の改良体を造成します。

(適用地盤)
粘性土 標準N≦4,最大N=8
砂質土 標準N≦6,最大N=15

(概算直接工事費)
打設長L=10m
改良長L=3m〜8m の場合: 約 8,000〜19,000 (円/m)

ページTOPへ▲

SDM工法 深層混合処理工法:機械撹拌併用高圧噴射撹拌工法  

 最大26mまで改良する事が可能です。
 水中施工◎ 周辺地盤への影響を低減出来ます。


(工法概要)
 三点支持式杭打機を用い、二軸式機械攪拌と超高圧噴射攪拌を併用した工法です。低変位施工で高速大量処理による工期短縮を可能にした工法です。

(適用地盤)
粘性土Cu≦50kN/m
砂質土 N≦20

(概算直接工事費)
 削孔長 L =10m改良長 LC=3m〜8m の場合  約 7,000〜11,000 円/m

資料提供先→小野田ケミコ株式会社

ページTOPへ▲

 (4) 地盤改良工法(表層安定処理工法)

 表層安定処理工法は、軟弱地盤のシルト・粘土や河川・湖沼に堆積する低質土(ヘドロ)の固化処理を原位置で行う改良方式です。小分類として粉体系工法※1とスラリー系工法※2があります。 ※1、※2については下記を参照。

トレンチャー式混合施工法 粉体系工法※1、スラリー系工法※2  

 軟弱地盤の表層約3mまで固化処理する事が可能です。施工能力、改良品質とも◎

(工法概要)
 バックホウの先端に取り付けたトレンチャー(撹拌機)を用いて所定の改良深度まで堀起こしながら、改良材と原土の攪拌混合を行う地盤改良工法です。(改良深度は約3mまで。)現場の条件,環境および改良目的に合わせ、表面散布方式(フレコン)、スラリー連続供給方式が選べます。

(適用土質)
 あらゆる軟弱土(バックホウが進入出来る事が条件)に対応可能です。

(概算直接工事費)
 4000〜5000円/m(セメント系固化材100kg/m混入)


※1改良材を地盤表面に撒布し、バックホウ・スタビライザーで攪拌混合した後に転圧し、地盤を固結強化させます。
※2プラントにおいて調整した改良材スラリーを施工機に圧送し、地盤に攪拌混合して表層を固化させます。

ページTOPへ▲

CL:ケミコライザー工法(バックホウ混合方式) 粉体系工法※1  

 軟弱地盤の表層2m〜3m程度まで固化処理する事が可能な地盤改良工法です。


(工法概要)
 バックホウを用いて所定の改良深度まで堀起こしながら、改良材と原土の攪拌混合を行う地盤改良工法です。(改良深度はバックホウのブーム長さより決まります。)

(適用土質)
 あらゆる軟弱土(バックホウが進入出来る事が条件)に対応可能です。

(概算直接工事費)
 3000〜4000円/m(セメント系固化材100kg/m混入)

ページTOPへ▲

CL:ケミコライザー工法(スタビライザー混合方式) 粉体系工法※1  

 軟弱地盤の表層約1.2mまで固化処理する事が可能です。大規模工事に◎

(工法概要)
 履帯式スタビライザーを用いて所定の改良深度まで堀起こしながら、改良材と原土の攪拌混合を行う地盤改良工法です。(改良深度は約1.2mまで。)

(適用土質)
  粘性土、砂質土、有機質土に対応可能です。

(概算直接工事費)
  2500〜3500円/m(セメント系固化材100kg/m混入)

資料提供先→小野田ケミコ株式会社

ページTOPへ▲

 (5) 排水管


ハウエル管  

抜群の耐久性を誇る、軽量・長尺の配水管

概要

 約30年前西ドイツで開発されて以来、ヨーロッパをはじめ北アメリカ、オーストラリア等現在15カ国で実証され、あらゆる下水道、排水管、導水管として広く普及しています。

 特長として、製品は、最小20cmから最大口径2mまでの大口径まで多彩なバリエーションを揃えています。材質は強靭な高密度ポリエチレン樹脂、構造は独自の中空リブ構造により優れた剛性と軽量を可能にしています。標準有効長さは、5mで製造されており、接続個所が少なく、布設時間も短縮できるので非常に経済的です。

特長

  1. 硫化水素、硫酸に強い
  2. 衝撃・摩耗に耐える
  3. 軽量で作業効率が良い
  4. 耐圧強度が高い
  5. 内面平滑で流量特性に優れる
  6. 少ない接続個所で布設ができる。
  7. 密着接合で完全な水密性が得られる。
  8. 簡単スピーデイに接続できる。

主な用途

土木用、農業用各種配水 海洋取水管
 
マンホール   各種タンク・ダクト

資料提供先→大日本プラスチック株式会社

ページTOPへ▲

スーパー管  

概要

 スーパー管は、最小10cmから最大口径1mまでの多彩なバリエーションを揃えています。

 製品は、高密度ポリエチレン性のため耐薬品性に優れています。流量抵抗が少ない内面平滑タイプの『W型』と曲がり性の優れた内面凹凸タイプの『S型』がります。

特長

  1. 硫化水素、硫酸に強い
  2. 衝撃・摩耗に耐える
  3. 軽量で作業効率が良い
  4. 可撓性に優れている(S型)
  5. 内面平滑で流量特性に優れる(W型)
  6. 少ない接続個所で布設ができる。
  7. 簡単スピーディに接続できる。

主な用途

土木用、農業用各種配水

資料提供先→大日本プラスチック株式会社

ページTOPへ▲

 


ホーム盛土プレキャスト・アーチカルバート地山・構造物補強
テールアルメ緑化テールアルメジオテキスタイルEPSFCB