のメニューをご利用になるには、会員登録が必要です。
特殊事例

(1)緩勾配
(2)粘性土
(3)壁高20m以上
(4)水辺(1)
(5)水辺(2)
(6)長大法面
(7)多段積み
(8)垂直壁
(9)補強布入り不敷布
(10) PC法枠

 (1)緩勾配
  • 緩勾配(1:1.0)の盛土法面を、ジオテキスタイルで緑化土嚢を巻き込み、景観維持をした実施例
(現場写真・標準断面図)

ページTOPへ▲

 (2)粘性土
  • 盛土材とする現地発生土(火山灰質粘性土)は、自然含水比63%で転圧によるコネ返しによって強度が著しく低下する鋭敏比の高い粘性土である。
    補強材とするジオグリッドの他に排水材として不織布を敷設する方法が採用された。
(現場写真)

ページTOPへ▲

 (3)壁高20m以上
  • 盛土高さ20mの高盛土で、隣地境界線が近くにある緑化を要する盛土工事で、ジオグリットでの盛土補強と溶接金網を用いた壁面材使用によりコストが安くなる工法として採用された。
(現場写真)

ページTOPへ▲

 (4)水辺(1)
  • 放水路に使われる盛土であり、のり面緑化の他に吸出し防止機能を要求される補強盛土工事で、壁面材(溶接金網)の内側には、植生マットと不織布の吸い出し防止シートを用いた。また補強盛土にはジオグリツドの他に、排水材(不織布)も多用する工法として採用された。
(標準断面図)

ページTOPへ▲

 (5)水辺(2)
  • ダム建設の地盤上にジオテキスタイル補強土を堰堤として構築する為に、静水圧および動水圧を考慮した常数設定に加え、補強壁面に加えられる水圧も想定し検討を行った例。
(標準断面図)

ページTOPへ▲

 (6)長大法面
  • 勾配のある基礎地盤上に、ジオテキスタイル補強土を施し緩勾配の上載盛土とで、腹付け盛土をした例
(標準断面図)

ページTOPへ▲

 (7)多段積み
  • 勾配のある基礎地盤上にジオテキスタイル補強土を階段状に配置した例
(標準断面図)

ページTOPへ▲

 (8)垂直壁
  • ジオテキスタイル補強土をコンクリートブロックで直壁にした道路用途の例
(現場写真)

ページTOPへ▲

 (9)補強布入り不敷布
  • ジオテキスタイル補強土でよく使用されるグリッド状補強材でなく、補強布入り不織布による実施例。
(現場写真)

ページTOPへ▲

 (10)PC法枠
  • 壁面をPCのり枠で形成した実施例
(現場写真)

ページTOPへ▲

ホーム盛土プレキャスト・アーチカルバート地山・構造物補強
テールアルメ緑化テールアルメジオテキスタイルEPSFCB