のメニューをご利用になるには、会員登録が必要です。
施工関連

各ファイルをブラウザで表示せずにダウンロードするには、ファイルのアイコンをマウスの右ボタンでクリック(Macintoshの場合はコントロールキーを押しながらクリック)してメニューから「対象をファイルに保存...」を選択してください。

  (1) テクスパン工法 施工順序

   1.基礎工
   2.仮置き・反転
   3.部材の吊り上げ・設置
   4.設置位置の確認
   5.部材連結工・目地工
   6.グラウト工
   7.防水シート工
   8.盛土工
   9.完成

  (2) テクスパン工法 施工要領書

  (3) 積算

 (1) テクスパン工法 施工順序

施工写真を用いて施工順序を説明いたします。(写真や図をクリックすると拡大表示されます)

1. 基礎工
 基礎工はテクスパンの安定、仕上がり精度を左右するので、特にキーウェイは注意して打設を行います。
 アーチ部材設置位置のマーキングと高さ調整を行います。
逆T基礎   帯基礎高さ調整スペーサー
設置状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

2. 仮置き・反転
 アーチ部材を仮置きヤードに仮置きします。
 反転は、反転ヤードに移動させてから、部材に損傷を与えないように注意深くゆっくり行います。
仮置き状況   反転状況1
   
反転状況2    

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

3. 部材の吊り上げ・設置
 アーチ部材の反転後は時間を置かずに、損傷を与えないように注意深く吊り上げます。
 最初の5部材はクレーン2台で、5部材以降は1台で施工します。
アーチ部材
ターゲットセット状況
  初期2部材架設状況1
 
初期2部材架設状況2   5部材以降架設状況1
   
5部材以降架設状況2    

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

4. 設置位置の確認

 微調整を行う場合には、油圧ジャッキ、バール等を使用して行い、木製くさびで固定します。
 縦断方向についてはクラウン部をレバーブロック、ワイヤーロープ等で固定します。

バールにて微調整状況   油圧ジャッキ位置調整状況
 
木製くさび固定状況   クラウン部微調整状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

5. 部材連結工・目地工
 坑口付近の部材をPC鋼棒で連結します。
 グラウト工の前に、クラウンパイプ内に補強鉄筋の挿入と下部目地材の設置を行います。
PC鋼棒挿入状況   カップラー連結状況
 
クラウン部補強鉄筋挿入   下部目地材設置状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

6. グラウト工
 ヒンジ部分に当たるクラウン部と脚部にグラウト工を行います。
 脚部は2回に分けてグラウトし、脚部の内側や連結部の切り欠き部にもグラウト材を充填します。
無収縮モルタル
Jフロー試験状況
  基礎部(外側)
グラウト状況
 
クラウン部グラウト状況   基礎部(内側)
グラウト状況
   
連結部グラウト状況    

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

7. 防水シート工
 隣接するアーチ部材間の目地および天端の縦断方向を防水シートで被覆します。
 天端は上部目地材を設置してから防水シートを溶着します。
上部目地材設置状況
(プライマー塗布後)
  熱溶着状況
(クラウン部)
 
熱溶着状況
(目地部)
  防水シート完成

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

8. 盛土工
 テクスパンの盛土工はグラウトが完了し、所定の強度が確認された後に開始します。
 坑口壁の盛土工と同時期に行われるため、相互に調整して行います。
坑口壁
メッシュパネル設置状況
  坑口壁補強材取付け状況
 
転圧状況   足場架設状況1
(現場打ち坑口壁)
 
足場架設状況2
(現場打ち坑口壁)
  坑口壁
プレキャスト壁面材

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

9. 完成
プレキャスト坑口壁   現場打ち坑口壁

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

 

 (2) テクスパン工法 施工要領書

施工前に用意する必要な資材、施工方法を説明いたします。

ページTOPへ▲

 

 (3) 積算

積算はPDFファイルにてご覧いただけます。

ページTOPへ▲


ホーム盛土プレキャスト・アーチカルバート地山・構造物補強
テクスパンコンスパン