のメニューをご利用になるには、会員登録が必要です。
付帯工

(1)坑口壁工
(2)景観に配慮した車両用防護柵TMS型ガードパイプ

(3)高欄
(4)地盤改良
(5)照明

(1)坑口壁工

  1. テクスパンの坑口壁を現場打ちコンクリートにする際は、現場の景観性を考慮し、多彩なデザインバリエーションを用意することができます。
  2. アーチ曲線の美しさに加え、現場それぞれが持つ特性を活かし、最適なデザイン、景観を演出します。

    *コンクリート化粧型枠についての詳しいお問合せは、東海ゴム株式会社のホームページを開いて下さい。

ページTOPへ▲

 

 (2) 景観に配慮した車両用防護柵TMS型ガードパイプ

 「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン」(監修:国土交通省道路局地方道・環境課)に準拠した車両用防護柵。
国土交通省「景観に配慮した防護柵の設置」
NETIS登録技術 TH-010015(新車両用防護柵)


特徴
1. 景観・デザイン⇒風景が映えるすっきりとしたデザイン
 TMS型ガードパイプは、路外側から見た形状や上段ビームのラインがすっきりとしたデザインであることが特徴です。
 透過性が高く、背後の風景を引き立てて、良好な道路景観を創出します。
2. 安全性⇒実車衝突実験で証明された安全性
 TMS型ガードパイプの強度、車両誘導等の安全性については、実車衝突実験等において実証されています。
 丸みを付けたボルトを採用し、歩行者の安全性にも十分配慮した人に優しい防護柵です。
3. 施工性⇒施工が容易な構造
 施工性に関する工夫を重ね、六角レンチとスパナのみで組み立て可能な構造としました。
 道路の縦断勾配に対しては、あらゆる道路勾配に対応可能となっています。
4. 積雪対応・除雪⇒排雪性に優れたパイプ型デザイン
 ガードパイプ型のため道路の横断方向への排雪性に優れ、積雪地帯でも除雪の妨げとなりません。
 上段ビームに直径76.3mmの太いパイプを採用し、積雪深3.0mまで対応できる構造としています。
 資料提供先 神鋼建材工業株式会社

ページTOPへ▲

 

(3)高欄

橋梁用TMS型鋼製高欄
・道路部と橋梁部の連続した景観を演出
アルミ高欄
・軽量、強い、高い耐候性
・オリジナルデザインが可能

資料提供先 神鋼建材工業株式会社

ページTOPへ▲

 

(4)地盤改良

詳細はこちら

ページTOPへ▲

 

(5)照 明

 テクスパン本体にアンカーボルトを埋め込み、照明設備を取り付けることも可能です。

ページTOPへ▲

 


ホーム盛土プレキャスト・アーチカルバート地山・構造物補強
テクスパンコンスパン