のメニューをご利用になるには、会員登録が必要です。
工法概要

(1)概 要
(2)部 材
(3)特 長
(4)適用分野

 (1)概 要

 コンスパン工法は、アメリカのコンスパンブリッジ社が開発したプレキャストアーチカルバートブリッジシステムです。 本工法は、1985年に最初に構造物を施工して以来2700件以上の実績をアメリカ、カナダ等の国々で重ねており、日本に2000年に導入されました。 コンスパン工法は、現場打ちカルバートボックス、単スパン橋梁等に変わる構造物として開発されました。
 構造は、2ヒンジのプレキャストアーチカルバート構造であり、内空幅4m〜12mの小・中規模の構造物に適した工法です。
 コンスパン工法は、そのユニークな形状から、橋梁以外にも、道路、建築、鉄道と、幅広い用途を持っています。

ページTOPへ▲

 

 (2)部 材

※部材名称をクリックすると詳細説明が表示されます。

ページTOPへ▲

(3)特  長

ページTOPへ▲

 

(4)適用分野

ページTOPへ▲


ホーム盛土プレキャスト・アーチカルバート地山・構造物補強
テクスパンコンスパン