のメニューをご利用になるには、会員登録が必要です。
施工関連
動画再生について
■ブラウザで御覧になるには、こちらを参照してください。
■ダウンロードするには、こちらを参照してください。
■動画データの読み込み時間の目安は、こちらを参照してください。

 

  (1) コンスパン工法 施工順序

   1.基礎工
   2.仮置き・反転
   3.部材の吊り上げ
   4.架設
     ・コンスパン部材設置
     ・ウイングウォール設置
     ・ヘッドウォール設置
   5.防水シート工
   6.グラウト工
   7.完成

  (2) コンスパン工法 施工要領書
  (3) 積算

 (1) コンスパン工法 施工順序  電話回線(409 MB)  ADSL(711 KB)

施工写真を用いて施工順序を説明いたします。(写真や図をクリックすると拡大表示されます)

1. 基 礎 工
 基礎工はコンスパン部材据付工の施工性に重大な影響を与えるので、特にキーウェイは注意して打設を行います。
 部材を設置する前に、基礎上に設置位置のマーキングと高さ調整を行います。
インバート基礎   逆T基礎
基礎溝部
(キーウェイマーキング)

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

2. 仮置き・反転
 コンスパン部材を仮置きヤードに仮置きします。
 反転は、反転ヤードに移動させてから、部材に損傷を与えないように注意深く行います。
コンスパン部材搬入状況1
(ヘッドウォール一体型)
  コンスパン部材搬入状況2
(異型部材)
 
反転前ワイヤーの
仕込み状況
  反転状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

3. 部材の吊り上げ
 コンスパン部材に損傷を与えないよう、注意深く吊り上げます。
吊り上げ状況1   吊り上げ状況2

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

4. 架   設
・コンスパン部材設置

基礎溝部にマーキングした所定の位置に設置します。
微調整を行う場合には、油圧ジャッキ、バール等を使用して行います。
初期部材を基準に、2部材目以降のコンスパン部材を架設します。

基礎溝部スぺーサー設置状況
部材仮設状況1   部材仮設状況2
 
部材仮設状況3   部材仮設状況4
 
   
 
部材仮設状況5    

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

・ウイングウォール設置

 現場条件に応じて、壁高5mを超える場合は補強土壁、5m未満の場合はプレキャスト擁壁などを計画します。

ウイングウォールの
基礎敷砂状況
  プレキャスト
ウイングウォール
吊り上げ状況
 
プレキャスト
ウィングウォール
設置状況
  テールアルメによる
ウイングウォール
工事状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

・ヘッドウォール設置

 ヘッドウォールにはコンスパン部材との一体型・分割型があり、現場条件や構造物の目的に応じて計画します。

ヘッドウォール
設置状況1
  ヘッドウォール
設置状況2

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

5. 防水シート工
 隣接するコンスパン部材間の目地の縦断方向を防水シートで被覆します。
プラーマーの塗布・乾燥後、防水シートの仮置き・溶着を行います。
プライマー塗布状況   防水シート
2重補強部分熱溶着状況1
 
防水シート
2重補強部分施工状況
  防水シート熱溶着状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

6. グラウト工
 コンスパン基礎溝部に無収縮性のグラウト材を打設します。
グラウト材は設計図書に規定された強度のものを使用します。
連続アーチグラウト状況   コンスパン部材
基礎外側グラウト状況
 
コンスパン部材
基礎内側グラウト状況
  グラウト完了状況

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

7. 完  成
ヘッドウォ−ル一体型   連続アーチ型

写真や図をクリックすると拡大表示されます

ページTOPへ▲

 (2) コンスパン工法 施工要領書

施工前に用意する必要な資材、施工方法を説明いたします。

ページTOPへ▲

 (3) 積算

積算はPDFファイルにてご覧いただけます。

ページTOPへ▲

 


ホーム盛土プレキャスト・アーチカルバート地山・構造物補強
テクスパンコンスパン